• ファイルメーカーをEC2で運用していきましょう

    • ノンプログラミングで業務システムを構築していくことが可能なファイルメーカーですが、大規模な業務システムには使えないという難点があったのも事実です。新しいファイルメーカーのバージョンでは、EC2への設置が可能になってきています。



      EC2は規模にあわせて可変で契約の出来るクラウドサーバになっています。大企業から中小企業に至るまで、トランザクション量に合わせて適正なサーバ料金での運用が可能となります。



      豊富なテンプレートを保有し、ノンプログラミングですぐに業務ソリューションをEC2上で動作させることで、大企業のようなクライアント数の多い業務システムであっても、即座に実運用に入ることが可能になります。


      通常のクラウドサーバとは違って、EC2の場合には運用状況に応じて、CPUの追加やディスク容量の追加を随時行っていけます。

      初期はファイルメーカーで作成した勤怠システムを一部門で運用し、特に支障が無ければ、その後は会社全体で運用をしていくような使い方が、ファイルメーカーでしたら可能になってきます。
      手間の掛かるプログラミングをする必要もなく、導入するだけで、Webからスマートフォンに至るまでのマルチデバイスで稼働できるファイルメーカーであれば、業務効率は飛躍的に向上をしていくはずです。

      ファイルメーカーEC2の専門技術を身につけましょう。

      業務量に比例をしてCPUの追加やメモリ、ディスク追加を実施できるEC2クラウドサーバを組み合わせることにより、導入コストも運用コストも大幅に削減が出来るようになるはずです。

  • 予備知識

    • ファイルメーカーをEC2で動かしましょう

      業務系システムとして一般的になっているファイルメーカーは、豊富なテンプレートを誇り、勤怠管理や会計等の基本的なシステムであれば、導入をしてすぐに稼働できるようになっています。マルチデバイスで、最初からWebだけでは無く、スマートフォンやタブレットでも動作をし、好評を得ているファイルメーカーであれば、短期間で業務システムの構築が可能になってきます。...

  • 科学入門

    • EC2にファイルメーカーをインストール

      Amazonが提供する計算資源を用いる事によってアプリケーションを実行するAWSことAmazonWebServicesの商用ウェブサービスであるEC2。これは正式名称をAmazonElasticComputeCloudとするクラウドホスティングサービスなのですが、その実態は異なるユースケースに合わせて最適化された様々なインスタンスタイプによって構成されたクラウドホスティングサービスとなっている事になります。...

  • 科学について思うこと・学ぼう科学の事

    • ファイルメーカーがEC2で動作します

      ファイルメーカーは世界標準の業務パッケージとして多くの企業で導入をされています。豊富な業務テンプレートで、導入と同時にすぐに業務での使用が可能になってくるファイルメーカーであれば、コストも時間も掛けずに、自前の業務システムの構築をしていくことが可能になります。...

    • EC2でファイルメーカーを動作させましょう

      ファイルメーカーを導入している中小企業は意外と多いです。業務系の豊富なテンプレートを備え、導入時点からすぐに業務システムを稼働させることが出来るファイルメーカーは、コスト的な問題で外注のソフトウエア会社に発注することが出来ない中小企業で多く使われています。...