• ファイルメーカーがEC2で動作します

    ファイルメーカーは世界標準の業務パッケージとして多くの企業で導入をされています。豊富な業務テンプレートで、導入と同時にすぐに業務での使用が可能になってくるファイルメーカーであれば、コストも時間も掛けずに、自前の業務システムの構築をしていくことが可能になります。



    ファイルメーカーは世界標準のOSメーカーのappleとの親和性が非常に高く、導入した段階から、スマートフォンやタブレット等のマルチデバイスでの動作が可能になっています。



    そのような魅力の多い業務パッケージのファイルメーカーですが、今までは稼働するサーバの原因で大企業での運用は難しいとも言われていました。


    この度、ファイルメーカーのバージョンアップに伴い、世界標準のサーバEC2で稼働が出来るようになり、大企業での運用にも耐えうるように変わっています。
    EC2はアマゾンが提供している世界標準の可変型サーバです。業務量に応じ、随時CPUやメモリ、ディスクの増加を行うことが可能なのがEC2の最大の特徴です。
    通常、サーバの導入の場合には、導入時にサーバエンジニアの方がトランザクションの流量計算を実施し、最適な構成をデザインしてから導入するのですが、EC2の場合にはその必要はありません。

    導入してから必要に応じメモリやCPUを追加していけるからです。

    ファイルメーカーEC2を調べるならこのサイトです。

    世界中で最も多く利用者のいるアマゾンのサーバだからこそ実現できるEC2なのです。
    業務に応じ適時カスタマイズが出来成長していける業務システムなのです。